インタビューの一覧へ

電話を一人で応対して、先輩に何も言われなくなったとき、「あ、独り立ちできたのかな」って嬉しかったです。

社員・先輩インタビュー Vol.1
事務員座談会 金井さん・中田課長

2018年5月23日 掲載


写真左より、金井千春(2013年8月入社)、中田由美子 課長(グループ会社から2014年7月に転籍)

中央アイデンの職場にフォーカス!社員の本音に迫るインタビュー、第1回に登場は事務管理部の中田さんと金井さんです。職場のこと普段の生活のこと、率直に楽しく話してくれました。(聞手:川村代表取締役)

川村 お二人は休日をどうお過ごしですか?

金井 私はもっぱら海外旅行ですね。海外旅行に行くために日々働いて、その為にそれ以外の休日は全部家に引っ込んでます。旅行費とか捻出しないといけないので(笑)

川・中 (笑)

川村 なるほど(笑)旅行はどちらへ?

金井 この間フランスに行ってきました。でも国内も行きますよ。

川村 どのくらいの頻度で行くんですか?

金井 年2,3回ですかね…。んー、海外2回の国内1回くらいです。

川村 海外へ2回も行くんですね!

金井 はい。2泊3日とか、3泊4日くらいの規模だったり、7泊9日とか、長期で行ったりもします。祝日とか会社の休みの日とかと絡めるので、有休を申請してるのは多分3,4日くらいですね。

川村 良いですね、有休絡めて。

金井 仕事のしわ寄せがちょっと中田さんたちに…。すみません(笑)

中田 いや、そうでもないよ(笑)

川村 (笑)なるほど。中田さんは休日はいかがですか?旅行などは…

中田 行きません(笑)

川・金 (笑)

金井 あれ、確かスキーとか行ってませんでした?

中田 あ、冬はスキーに1回か2回、ここ何年かは行ってましたね。今年は大学の寮に住んでた息子が帰ってきたから行ってないですけど…。

川村 息子さんがいらっしゃるんでしたね。息子さんが小さい頃は、育休取られたんですか?

中田 取りました。産休、育休どちらも。

川村 産休育休は実際いかがでしたか? 期間はどのくらい取られました?

中田 何日間だったかな…。基本は法律で決まってるんですよね。出産予定日より何週間か前から取れて、産後何週間までが産休って扱いで、産休が明けてから育休が1年くらい。

川村 そうなんですね。育休明けの復帰についてはいかがでしたか?

中田 上の子の場合は10月に出産して、翌年の4月から保育園入れたので、それからすぐ復帰しました。ただ、保育園に入れても子どもを預かってもらえる時間が短いんですよ。なので正社員としてはフルには働けなくて、会社と相談してパート扱いにしてもらっていました。

川村 なるほど、パート扱いで短時間ずつ働きながら。

中田 そうですね、お給料も月給制から時給制に変わって。

川村 またバリバリ働けるようになってから、元に戻られたんですか?

中田 そうです。子どもが大きくなってから、また正社員に戻りました。

川村 お二人が感じる、会社の雰囲気について教えてください。

中田 会社の雰囲気ですか…。日中はみんな忙しくて、ほとんど現場に行ってるからなぁ。

金井 定時後ですよね、ワイワイしてるのって。彼らは夕飯を食べながら元気になっていくので。カップラーメンをすすりながら盛り上がっていくって感じですかね。(笑)

川村 なるほど(笑) まじめな人が多い印象ですよね。根っからふざけてる人はあまりいないというか。

中田 そうですね。仕事のときは仕事ってオン・オフをきっちり分けてる感じですね。
そういえば、休みの日とかに公園で集まってサッカーやってたこともあったね。

金井 あ、私も覚えてます! 若い人たちでやってたって聞きました。

川村 これまでお仕事をされてきた中で、心に残るエピソードはありますか?

金井 私は全部、ベテランの先輩から教えてもらいました。最初の頃、電話応対で受け答えしている間、先輩が側でずっと聞いててくれて、分からなかったらすぐに代わってくれたりして。すごい安心感がありましたね。
それで電話を一人で応対して、先輩に何も言われなくなったとき、「あ、電話応対は独り立ちできたのかな」って嬉しかったです。

川村 良いですね、何も言われないのが嬉しい、か。

金井 そうなんです。初めは結構、「こういう時はこうした方が良いよ」とか「今のはこういう対応の方が良かったね」とか色々アドバイスしてもらってて。

川村 なるほど。で、段々 注意されることが少なくなっていって…

金井 そうですね。

川村 中田さんはどうですか?

中田 私は事務員ですけど、デスクワークとかルール作成とか、総務的な仕事が苦手だったんです。それでも分からないこととかは自分なりに調べて、パソコンとか車両管理のルールなどを決めていきました。アナログの時代だったんで、結構大変でしたね。

川村 ルールなどは中田さんが決めてたんですね。

中田 そうなんです。それに私、グループ3社にそれぞれ在籍してたことがあるんですよ。同じグループでも会社それぞれ個性があって、やっぱ少しずつ違うんだなって。一つの世界だけじゃなくて、他の世界も見ることで、スキルアップに繋がったと思うから、すごい ありがたかったです。

川村 新入社員に求める事など、メッセージはありますか?

中田 やっぱり挨拶ですね。社会人としてというより、人として大事にしてほしいと思います。

金井 ほんとそう思います。入ったばかりの頃の元気な挨拶を続けて欲しい。

中田 そうだね。
あとは字を綺麗に描いて欲しいですね。私自身、昔は字の汚さがコンプレックスで、それで今でも封筒の宛て名とかはパソコン使って印刷しちゃったりしますけど…。

金井 大丈夫、先輩 字上手ですよ(笑)

中田 ありがとう(笑)

川村 (笑) 今は克服したんですか?

中田 そうですね、ボールペン字講座あるじゃないですか。それをやったり、練習はしてました。
今は色んな講座がたくさんありますし、何でもやってみると役に立つと思うので、色んな事に挑戦してみると良いと思います。

中田さん・金井さん画像3

金井 他にも、何か分からないことがあった時に「何が分からないのか」を明確にするっていうのは大切だと思います。
それから、とにかく報・連・相ですね!特に報告は、上司に「もういいから」って言われるぐらい、しつこくしても良いと思います。上司となんでも言い合える関係を作っておくと、働きやすさにもつながりますしね。

川村 ・・・関係づくりでアドバイスはありますか?

金井 やっぱり共通の話題ですかね。たとえばペットやゲームアプリのことでもいいですし。私自身、学生時代からなるべく話したことがない人と話すように毎日心がけていたんですよ。何日までにクラス全員と話す!って目標たてたりとか。まぁ、そこまではしなくても、自分から積極的に話しに行くようにすると良いと思います。

川村 なるほど、意識して共通の話題を持つ。いろいろな現場でも大切なことかもしれませんね。

今日はたくさん興味深いお話をお聞かせくださいました。
中田さん、金井さん、どうも有難うございました!

インタビューの一覧へ

ページの先頭へ